大人も、子どもも自分のままで過ごせる居場所 -プレーパークなかだの森で遊ぼう!・中川ひろみさん― 後編

東京都日野市で完全屋外の子どもの遊び場『プレーパークなかだの森で遊ぼう!』。運営するNPO法人子どもへのまなざし代表の中川ひろみさんに、お話を伺いました。

後編ではここに集うお母さんたちがどう変わっていったかというエピソードや、お母さんたちに向けたメッセージをご紹介します。


前編はこちら


誰かが見ていてくれるから大丈夫


最初は『外で遊ぶのが子どもにいいらしい!』と意気込んでくるお母さんたちも、段々と自分の居心地が良くなり、自分の居場所を見つけていくそうです。

「ここでは、自分の子どもを見張っていなくてもいいと思っています。子どもは困ったら帰ってくるし、泣いたら誰かが見てればいいよねって。だって、よその子には優しくできるでしょ(笑)。最初は緊張していて、子どもにちゃんとさせないといけないと思っていたお母さんたちも、あ、ちゃんとさせなくても案外大丈夫なんだ、泣きたいときは泣けばいいし、嫌だったら嫌って言っていいんだと、気付いてくるんですよね」


以前、全盲のお母さんから子どもを連れていってもいいかと電話をしてきたので、どうぞ来てくださいと言ったら、そのお母さんがとても驚いたそう。


「どこの遊び場でも、目が見える人を連れてきてくださいって言うみたいなんですけど、私は、お母さんが目が見えないことで何か困ることはあるのかな、って思って(笑)。そのお母さんに限らず、困ったことがあったら、相談したり助け合ったりすればいいと思うんですよね。誰かが一番困っているときに手を差し伸べなきゃいけないし、そういうことができる場でありたいと思っています


自分の気持ちを大事にできる場所


最後に読んでいる人へのメッセージをお願いすると、法人名にもなっている佐々木正美さんの著書「子どもへのまなざし」に書かれていることを引用して、こんなことを話してくれました。


「子ども時代に親だけでなく、おじいちゃんおばあちゃん、近所の人、たくさんの人に大事にされた経験が何より大事だと思うんです。もしそういう実感がないという人は、ぜひ『なかだの森』にきてもう一度遊びなおしませんかって声をかけるようにしています。たとえば相手の気持ちになって声をかけるには、自分の気持ちをまず大事しないと、それがなかなか難しいんですよね。だからここではみんなが自分の気持ちを認められるようにしています


『なかだの森』を訪れる人のなかには、社会で傷を負った人もいます。


「そういう人がいることで多様性が広がると思うんです。いろんな生き方があっていいよって。自分と違う人を排除するだけでは何も始まらないと思うから…。今、あなたのままでいいよって言ってくれる場所って、ほとんどないでしょう?そういう場所がないと、みんな苦しくなっちゃう」


お母さんたちに伝えたいことは?と聞くと「ひとりで子育てしないで」と、ひろみさん。


「よく、自分の子どものだめなところばかり見えてついつい怒ってしまう、って悩む人がいるけど、それは親心だし愛情だからしょうがないんです。どうしても自分の子どもには厳しくなってしまう。でもほかの人からだと、その子のいいところがよく見える。だからひとりで子育てしないで、みんなで子育てしたほうがいいと思っています


そして『なかだの森』では子どもたちがのびのび遊ぶ傍らで、お母さんたちも「やってみたい!」に挑戦しています。


「染物をやったり、パンを作ったりとか。お母さんという役割だけでなく、お母さんだってひとりの人として『やりたいことに挑戦していく!』。なかだの森では、今日これやりたいから子どもちょっと見てて、とか、今日元気ないからちょっと寝かせてとか(笑)、そういうことが気軽に言えるんです。ひとりで子育てするのは絶対に無理。だからここでは、弱音を吐いて大丈夫だよ、助けてって言っていいんだよって。『なかだの森』はそんな場所です




『プレーパークなかだの森で遊ぼう!』は、雨でも開催されるとのこと。心が晴れの日も、雨の日も、行けば心がほっとする時間が過ごせそうです。ぜひ出かけてみてくださいね!



<information>

プレーパークなかだの森で遊ぼう!
日野市日野本町六丁目1番地の88
駐車場(100円/1時間)、駐輪場あり
JR日野駅より徒歩15分
多摩都市モノレール甲州街道駅より徒歩12分

【開催日】
毎週金曜日・毎月2、3土曜日 雨でも開催しています!
詳しくは…今月の予定/ カレンダー

【時 間】  
10:00~17:00 

【参加費】
無料、だれでもどうぞの遊び場です。(お鍋を食べる時は調味料代を頂いてます。)

【持ち物】 
水筒、着替え(汚れても良い服装で来てくださいね。)、冬は防寒、夏は虫よけを!
※なかだ鍋を食べる方は…おにぎりなどの主食、おわん、おはし、鍋の具材(野菜や缶詰、豆腐など)調味料代として、大人一人50円頂いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です